Webデザイナーに必要な能力「教えてマリオ」

マリオデザイン

マリオデザインスタッフブログ「教えてマリオ」

ホーム>>教えてマリオトップ>>Webデザイナーに必要な能力

このブログはマリオデザインアルバイトスタッフがこれからWEbを勉強してみたいと思われている方や会社でホームページの更新業務を担当されているがよく意味が分からないという方のために、ホームページ作成の基礎を綴っていくものです。 難しい言葉を使わず(使えない)噛み砕いた言葉で書いていくので、参考になればと思います。
*勉強中の為、間違った解釈を説明すると思いますので、ご指摘コメントもお待ちしておいります。

Webデザイナーに必要な能力

今回はWebデザイナーに必要な能力・知識を紹介したいと思います。個人で全ての能力が必要というわけではなく、会社単位で必要な能力のイメージで説明したいと思います。ホームページを作成するためにはどんな能力が必要なのかを私個人的な考えで説明いたします。どれかひとつでも特化していればどこの会社も必要としてくれると思います。営業力・デザインセンス・才能というのは難しいので今回の項目には入れておりません。

目次
  1. コーディング能力
  2. 画像作成能力
  3. 動画作成能力
  4. PHPの知識
  5. Javascriptの知識
  6. 番外・紙媒体の知識
1.コーディング能力

一つ目はコーディング能力です。要するにHTML・CSSが記述できるかということですね。何をおいてもほかのさまざまな能力もホームページがなければ意味を持たなくなってしまうのでまずコーディング能力を身につける必要があります。


勉強方法としてははじめは構造にこだわらずとにかく作ってみるというのが個人的にはいいかなと思います。はじめから良いものを作ろうとしてしまうと、途中でやめてしまったりしてしまうので、まずは自分の好きなように作ってみてそれからCSSレイアウトなどに挑戦し、ユーザーアクセシビリティや内部SEOを意識したコーディングを勉強していけばいいのかなと思います。


HTML・CSSの勉強はソフトがなくてもできるので初期投資もかかりませんので趣味で勉強される方も良いと思います。しかしはじめのうちはタグを手で打つのは難しく慣れるまでは記述ミスがどこなのかわからなかったりするので、市販のソフトを購入されたほうが挫折せずにすむと思います。


お勧めはホームページビルダーです。バージョンは様々ありますがどれでもいいと思います。参考書も多く、お絵かき感覚で勉強もできはじめのうちはすごく楽しく勉強できると思います。価格も1万円前後で画像編集ソフトも付いているので、お勧めです。


なれてくるとアドビー製品のドリームウィーバーなどが主流かなと思います。価格はホームページビルダーよりも高いですが機能も豊富です。


ちなみに私はソフトは使用していません。メモ帳で作成しています。後で述べる画像作成はソフトによってできることできないことが出てきますが、HTMLのソフトに関してはコードをアシストしてくれたり、ミスを発見してくれたりしてくれるもので、出来上がりに違いはありません。


便利なのにどうして使っていないかというと、勉強を始めたときはいろいろなソフトを使っていましたが、知り合いの方がソフトを使用せず作っているのを見て「かっこいい」と思いメモ帳で作るようになりました。デメリットはめんどくさいというのがありますが、ソフトを使用しているとコードを忘れますが、手でコードを記述していると忘れることがないのでいい面も少しあります。


2.画像作成能力

次は画像作成能力です。ホームページは文字だけではやはり味気がないので画像が必要になってきます。画像作成にはソフトが必要になってきます。インターネットで検索すると無料のものもありますのでいろいろ探してみてください。


先ほど紹介したホームページビルダーには画像作成ソフトも付いています。そのほかにはファイヤーワークスやフォトショップなどが有名ですね。個人的にはファイヤーワークスが使えればWeb作成に関しては問題ないかなと思います。しかしユーザーの要望をなるべく取りこぼさないためにもフォトショップの勉強もできればしておいたほうが良いと思います。後の番外で説明しますが、ファイヤーワークスは紙媒体への印刷に不向きですので、紙媒体の注文が入ったときに仕事を断ることになってしまったり外注に振らないといけなくなってしまうので余計な経費がかかってしまいます。


3.動画作成能力

次は動画作成能力です。動画にもいろいろありますがここではFLASHとさせていただきます。ホームページに動きをつけるにはやはりFLASHが必要になってきます。最近はiphonで表示されないためや、jqueryの普及で少し使われる機会が少なくなってきている用に感じますが、やはり細かい演出や、差別化を図るためには必要になってきます。


個人的には覚える難易度は結構高いと思います。やはりプログラミングが入ってきますので後に述べるPHPやJAVASCRIPTなどと同様に専門職になると思います。しかしプログラミングは動いたときの感動がありますので一度勉強されると面白いと思います。


4.PHPの知識

次はPHPの知識です。以前ブログで紹介したお問い合わせフォームやCMS構築などに使われている言語です。最近はWordpresなどが主流になってきていますがやはりオリジナルの管理ができるようにシステム開発の依頼などもありますのでPHP上級者になると給料のほうもいい感じになってきます。プログラミング言語の中では簡単とされていますが、やはり難しいと個人的には思います。


難しい反面先ほども書いたようにある一定のレベルを超える技術を持つと会社からの重要度が大きくなると思います。


5.Javascriptの知識

次はJavascriptの知識です。ボタンの上にマウスオーバーしたときに画像が切り替わるなどといった動的な制御しているプログラミング言語です。こちらもユーザーの細かな要望にこたえるためにも必要な知識になると思います。JQUERYの普及でできることの幅も広がり需要も高いと思います。ホームページに動きをつけると目に付きやすくアピールポイントなども明確にでき、広告面でも重要な役割を果たします。


こちらも個人的に難易度は高いと思います。私もある程度まではできますが、難しいものはプログラミング専門のスタッフがいますのでそちらに全て作業してもらっています。


6.番外・紙媒体の知識

最後は番外・紙媒体の知識です。やはりホームページの仕事をしていますと、ホームページと連動して紙媒体の広告を提案することもありますし、ユーザーからの要望も多いです。そこで先ほど画像作成のときに説明したように仕事を取りこぼさないために紙媒体についての知識も必要になってきます。ファイヤーワークスは紙媒体には向いていませんので、紙媒体に使用するソフトで有名なイラストレーターの知識が必要になります。

一般的にイラストレーターとフォトショップを使って紙媒体の広告は作成されています。ですので仕事を取りこぼさないためにも、イラストレーターとフォトショップも使えるほうがいいかなと思います。



以上でWebデザイナーに必要な能力の説明を終わりにしたいと思います。上記に述べたものを全て完全にマスターするのは難しいと思いますので、全体を一定のレベルまで勉強するか、ひとつのものに特化して専門職を目指すのかいろいろな選択肢があると思いますので、がんばって勉強していきましょう。


ちなみにマリオデザインのスタッフの構成のは全体を一定のレベル2人、ひとつのものに特化して専門職1人となっております。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TRACKBACK_URL